人気ブログランキング |
ブログトップ

石触徘徊人+g

gecko2005.exblog.jp

瑞牆山の情報など(石と言葉と微かな光)

産まれる気分

先日(って6/27だけど)
B3の面々は産まれかわった新たな気持ちで泰平さん追悼会に
出席するため植樹祭広場を見下ろす、さる岩塔に向かった!
その岩塔こそ泰平さんと私の最後の作品となった舞台であり
ウィングの魂を具現化したルートを産み出した母なる塔である!
日本お笑い登攀会を笑劇の渦に巻込むであろう、そのルートの名は
『産まれる気分 5.8 N.P』
岩塔の名はキューピーママである。

(いや~適当でおおげさに書いちゃったな~)
それにしても流石ウィングの遺伝子を引き継ぐ
B3の猛者達、裸登りあり、逆子ありと
充分笑いをとってくれました。
泰平さんもきっと情けないやら嬉しいやらでしょう。


e0010166_14563172.gif

↑無謀にも裸でトライするガチ!(でも産まれる時は裸だからある意味正しいか)

e0010166_14563113.gif

↑ウラはこうなってる。

『産まれる気分 5.8 N.P』

岩塔を上から見るとキューピーママの由来となった
キューピー型の小岩塔を背負っているのが分かる。
ルートはその間から一旦ウラに抜け、股戻って産まれるようにはい出し
正面のクラックをレイバックで少し登って岩塔の上に立つ。
2008/11/23 私他泰平さんとトミズカでこしらえた。
5.8というグレードは最後のクラック部分についているが
核心はもちろんウラから正面に抜ける出産ムーブだ!
その手前にキャメ#2~3が決まる。
そこは両手をはなしても落ちる事が出来ないほど狭く
物理的に産まれる事が出来ない人もいるだろう。
そういう人は大変残念だがウラのクラックを登るしかない。(親子の絆5.10a)
さて、産まれ方は各自で試行錯誤してほしいのだが、今のところ
胸囲1m以上はゆうにありそうなB3のカトーが最大出産記録だろう。
腹回り気にする人も、だぶついた肉を徐々にずらしていけば意外と大丈夫みたいだ。
でも無理は禁物、ここで挟まったら救助は困難を極めるだろうし洒落にならない。
たとえ助かったとしても恥ずかしくてクライマー生命は終わるだろう。
(ああ~でもメタボや巨乳が動けなくて涙目で助けを乞う姿も見てみたい!)
無事出産出来たらキャメ#0.75ぐらいを決めて一気にレイバックで頂上だ!
上はフラットで広く眺めは最高、産まれた喜びを感じるだろう。
でも下降用のリングボルト3本は反対側に打っているので、
ビレイはそこからロープを長く出して行う必要があるし
下降もそちら側に降りる必要がある。
また残置スリングも短いのでラッペルロープも回収が重い。
ビレイ&ラッペル用支点を新たに作る必要があるかもしれない。
 
生まれ変わった気分になりたい人、是非!

2009/10 終了点設置しました。
by gecko-2005 | 2009-07-17 23:42 | 瑞牆のルート情報